さかい保健整骨院:トップ
ハイメディックシステム:トップ
さかい関節医学研究所:トップ
さかいハイメディックソリューション:トップ
HOME
よくある質問Q&A 院長の挨拶 スタッフ紹介 掲載メディア 考案商品 セミナー 出版物のお知らせ マスコミの方へ お問い合わせ
タイトル:院長の挨拶
さかい保健整骨院:トップ
ハイメディックシステム:トップ
さかい関節医学研究所:トップ
さかいハイメディックソリューション:トップ

タイトル:医院長の挨拶

さかいクリニック代表
酒井 慎太郎
タイトル:医院長の挨拶 現在、腰痛を始めとして膝痛や肩こりなど、痛みやシビレの症状に悩んでおられる方が多くいらっしゃいます。長引いている痛み、ちょっと気になる痛み、病院に行く必要性があるかわからない痛みなど、色々です。病院に行ってもあまり症状も聞いてくれず、検査づくしのわりには治療はシップ薬だけという現代医療に、本音のところ嫌気がさしておられる方も多いことでしょう。日本の医療は検査に頼りすぎる傾向があり、MRIを始めとして目で見える証拠がなければ、病気と認められないという極端なデータ本位の医療に走っています。みなさんは、検査をすればするほど病気の原因が発見でき、適切な治療が受けられると期待されるかもしれません。ですが、実際は患者さんの訴える症状が検査の結果として正確に現れるとは限らないのです。聖路加国際病院理事長の日野原重明先生も指摘されているように、本来、診察室のやりとりがもっとも大切で、問診だけで病気の約6割は診断が可能です。五感がとらえた体の変調は、どんなに精密な検査よりはるかに病気の感度においては優れています。

つまり、診断にもっとも有効な情報は実は患者であるあなた自信がお持ちだということであり。具体的にどこが、どのように痛いのか、痛みに耳をすませていただきたいのです。当院によって原因のメカニズムの説明と多方面からの施術法、そして画期的な関節包内矯正(※注1)の施術を知っていただき、長年の痛みや症状を抱えて苦しんでいる方のお役に立てればこれに過ぎる幸せはありません。



※注1「関節包内矯正」とは・・・
人間のすべての関節には「関節包」といわれる、関節を包む袋状の組織がある。この関節包の中にある骨の動きに異常がないか、指先と手のひらの感覚で感じ取り、押したりつかんだりしながら正常な動きに戻すという施術法。その理論を理解しても、手技として技術の習得がむずかしく、実施できる医療機関は当院以外ございません。偽物に御注意下さい。

→図を拡大